本文へスキップ

決意

determination_pict1

2012年12月、国民の皆様の付託をいただき、自由民主党を中心とした政権が新たなスタートを切り、私たちは、前政権時に失ってしまった政治に対する信頼を取り戻し、強い日本を取り戻すためのスタートラインに立たせていただきました。

遅々として進まない東北全体としての震災からの復興、デフレからの脱却、待ったなしの経済・雇用対策など、山積する課題に対してスピード感と責任感を持って臨まなければなりません。

私は県議会議員として6年間、地方行政に関わり、ふるさとを愛し政治に熱い思いを持った多くの方々と出会い、ご意見やご指導をいただいてまいりました。その声を踏まえ、少子高齢化が最も進むといわれる秋田県の特性を踏まえた子育て支援の在り方や高齢化対策などの課題に取り組んでまいりました。

民主党政権時の根底にあった問題は、地方の思いを無視し、地方の実情を踏まえない議論を進めてしまったことにあります。

それぞれ特性の違う地方の実情を踏まえ、それぞれに暮らす皆さんの思いを背負って我が国の礎を築いていくための議論を進めるのが、国政の役割です。

国民から再び与えていただいたスタートラインに立った今こそ、託してくださる皆様の思いを踏まえ、景気回復・震災復興・地域課題の解決に向け、議論を尽くさなければなりません。

地方の思いをしっかりと背負い、今までの経験と絆を活かし、皆様の思いを国政に届ける。

その役割を担い、強く、世界に誇る日本を取り戻すために全力で励んでまいります。

皆様のご指導・ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

detemination_author